四国を代表する名湯、道後温泉の湯けむりが薫る街、松山市石手

松山市石手は伊予鉄道市内線「道後温泉」電停の東側、石手川沿いに位置する。地名の由来となった「石手寺」や古くから観光地としてにぎわう道後温泉に近く、風情漂うエリアだ。松山市は学研パブリッシングが2015(平成27)年に実施した「主婦が幸せに暮らせる街ランキング」で5位にランクされるなど暮らしやすい街としても知られ、石手周辺も落ち着いた住環境に恵まれている。

日本三古湯・道後温泉とお遍路のルーツ「石手寺」に隣接

明治時代の建物が残る「道後温泉 本館」
明治時代の建物が残る「道後温泉 本館」

道後温泉は約3000年の歴史を持つと言われ、有馬温泉、白浜温泉と並び日本三古湯とされている。日本書紀に天智天皇や天武天皇が行幸したと記されているほか、源氏物語にもこの温泉の記録がある。愛媛県の代表的な観光地として観光客でにぎわうが、「道後温泉本館」や「椿の湯」は地元の人の利用も多い。

松山市は夏目漱石をはじめ小林一茶や正岡子規、高浜虚子、司馬遼太郎など多くの文人にも愛され、夏目漱石の『坊っちゃん』をはじめ、道後温泉は彼らの作品にもしばしば登場している。

四国八十八箇所霊場の第五十一番札所「石手寺」
四国八十八箇所霊場の第五十一番札所「石手寺」

道後温泉の東に建つ「石手寺」は奈良時代創建とされる長い歴史を持ち、四国八十八箇所霊場を巡るお遍路のルーツともいわれる衛門三郎が再生したという伝説が残る寺だ。道後温泉に近いことからお遍路さんだけでなく観光客が参拝する姿も見られる。

松山市中心部や「松山空港」にスムーズなアクセス

「道後温泉」電停の坊っちゃん列車
「道後温泉」電停の坊っちゃん列車

石手は交通アクセスの利便性も良好だ。「道後温泉」電停からは「松山市」駅や「松山」駅に向かう伊予鉄道市内線が発着し、松山市中心部への通勤・通学や買い物、「松山」駅からのJR予讃線利用も便利だ。「道後温泉」電停からはSL型車両を使った「坊っちゃん列車」も発着しており、観光客に人気を集めている。

「道後温泉」電停からは「松山空港」行きのリムジンバスが発着するほか、「下石手」停留所から「松山市」駅、「松山」駅経由の「松山空港」行き路線バスも利用できる。

身近にスーパーマーケットが複数、松山市中心部での買い物も楽しめる

食品館は22時まで営業している「フジ 道後店」
食品館は22時まで営業している「フジ 道後店」

石手周辺には「フジ 道後店」や「セブンスター 石手店」などのスーパーマーケットがあり、買い物も便利だ。コンビニエンスストアやドラッグストアも近く、日常の買い物を身近で済ませることができる。

観光客でにぎわう「道後商店街」
観光客でにぎわう「道後商店街」

道後温泉には「道後商店街」が広がり、愛媛ならではの商品を販売する「IORI COLOR」や「10FACTORY 道後店」など多彩なショップが並ぶ。電車やバスを使えば「松山三越」や「いよてつ髙島屋」など松山市中心部での買い物も気軽に楽しめるだろう。

銀行や郵便局が身近に揃うほか、「道後温泉」電停近くには「松山市役所 道後支所」があり、行政手続きはここで済ませられることもうれしい。

夏目漱石ゆかりの「県立松山東高等学校」をはじめ教育施設が集まる文教の街

「松山市立道後小学校」はエリア内に建つ
「松山市立道後小学校」はエリア内に建つ

石手からは「松山市立道後小学校」や「松山市立道後中学校」が近く、短時間で通学可能。「石手幼稚園」など幼稚園も多く、子育てしやすい環境が整う。

夏目漱石ゆかりの「県立松山東高校」
夏目漱石ゆかりの「県立松山東高校」

夏目漱石が1年間教鞭をとった「愛媛県尋常中学校」をルーツとする「県立松山東高等学校」をはじめ、「愛媛大学城北地区」、「愛媛大学樽味地区」、「松山大学文京キャンパス」、「愛媛大学附属幼稚園・小学校・中学校」など教育施設が多く、多彩な選択肢に恵まれていることも魅力だ。

「道後公園」をはじめ公園・緑地が充実

緑豊かな「道後公園」
緑豊かな「道後公園」

石手周辺には「湯築城」の跡に整備された「道後公園」など憩いの場も多い。「道後公園」内には「松山市立子規記念博物館」をはじめ、子どもが遊べる遊具を備えた広場など多彩な施設が揃う。桜の名所としても知られ、春には花見客でにぎわう公園だ。

石手川沿いに広がる「石手川緑地(石手川公園)」
石手川沿いに広がる「石手川緑地(石手川公園)」

エリア周辺の石手川沿いには「石手川緑地(石手川公園)」など公園や緑地が整備されており、開放的な風景を楽しみながら散策やジョギング、サイクリングが楽しめる。

エリア周辺は毎年10月5~7日に行われる「松山秋祭り」をはじめ、季節のイベントも多い。「松山秋祭り」は旧松山市内にある24の神社で行われる祭りで、とくに「道後温泉」駅前で行われる神輿と神輿が正面からぶつかり合う「鉢合わせ」には多くの人々が見物に訪れる。

また、道後温泉では現在「道後オンセナート2018」というアートイベントが開催されている。2017(平成29)年9月のプレオープンののち、2018(平成30)年4月にグランドオープンを迎え、2019年2月のフィナーレまで18か月間続く期間中、道後温泉周辺のホテルや街中にアート作品が登場し、アート関連の催しも多数開催されるという。

松山の歴史と文化が凝縮された松山市石手。ここでは充実した日々を満喫できるだろう。



あわせて読みたい。関連ページ