大正時代の面影を残す町屋カフェ

道後の町屋

趣のあるお店の入り口
趣のあるお店の入り口

”おばあちゃんの家みたい”、”実家に帰ってきたみたい”、そんな声がよく聞こえてくるこのカフェは「懐かしい」がコンセプト。大正時代の町屋の原型を崩さないように店舗用としてリニューアルされ2003(平成15)年にオープンした「道後の町屋」。建屋は旧道後郵便局で奥は局長宅となっていた。途中に風情のある”通り庭”が伸び、奥にはギャラリー兼和室席と、町屋らしい奥に長い空間となっている。

お庭が楽しめる和室席
お庭が楽しめる和室席

建物だけでも一見の価値のあるこの町屋カフェ、さらにボリューム満点の手作りバーガーやこだわりのスイーツが楽しめるとあっては見逃さずにはいられない。雨の日は憂鬱なものだが、ここではその雨も趣のある情景になる。サックリと揚げられた「鯛カツバーガー」は瀬戸内の鯛を使用した上品な味でタルタルソースがよく合う。

「鯛カツバーガー」
「鯛カツバーガー」

食後にはぜひ自家焙煎コーヒーをいただきたい。暑い日には愛媛産みかんを使用した「清家農園のミカンジュース」も乾いたのどを優しく潤してくれだろう。バーガーやデザートは他にも種類が豊富で来店する人々がメニューと睨めっこをしている姿が印象的だ。温泉街の散策にぜひともおすすめしたい店のひとつである。

食後にはおすすめのドリンクを
食後にはおすすめのドリンクを

道後の町屋
所在地:愛媛県松山市道後湯之町14-26
営業時間:10:00~20:00
定休日:火曜日、第3水曜日
http://www.dogonomachiya.com/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ